2017年06月04日

薄毛を治す核酸効果を実感しましょう

核酸が育毛に良いのは知っていることと思います。
知っていても実行できないと効果はない。

「お金を払いたくない気持ち」

が実行を妨げる。

どうしたら、実行できるのか?
一つは、「楽しい未来をお金で手に入れるのだ」と考える事。

核酸ドリンクを買うのではないのですよ。
そうではなくて、「髪の毛が生えて楽しい未来を買う」という考え方。
これが、重要ではないでしょうか?

そう考えないと、健康ドリンクに何万円もお金を払えない、という気持ちになります。


タグ:育毛核酸
posted by 核酸 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 核酸で育毛

2017年03月26日

あなたの育毛情報は効果がありますか?

核酸で育毛できる。

核酸で髪の毛が増える。

核酸で髪が若返る。

shampoo-man02_l.png

このような言葉を信じられますか?

そして、実践していますか?

私がテキトーに話しているのではなく、アンチエイジングの大家が話しているのです。

そう、ベンジャミン・フランク博士が言っている育毛法です。

これを実行しないなんて、あまりにももったいない話です。

早く飲めば、早く生えそろう。

核酸を食事でとれない場合にはサプリメントを活用しましょう。

楽天にはいろいろな核酸が載っていますよ。










[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽対応】ネオ・核酸(DNA/ RNA)
価格:3780円(税込、送料別) (2017/3/26時点)





タグ:核酸育毛

2017年02月13日

サケが育毛に良いとテレビで放映されていました

サケが育毛に良いとテレビ番組で言っていました。

このことはずいぶん前から、ベンジャミン・フランク博士が、

核酸育毛を実践するためには、サケやイワシを食べなさいと言っていたことなのです。

核酸をどのように摂取したらいいのか迷ったら、サケやイワシとともに、サプリも検討したらいいのです。




posted by 核酸 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 核酸で育毛

2016年11月26日

育毛の原則に戻って考える

育毛の原則を守ることで髪の毛は生えます。

いくつかの条件を満たしたうえで、核酸を摂る。

これが成果を出しやすい。

原則1・・・・身体は口に入れるものでできている

原則2・・・髪の毛は身体の一部である


この二つを意識していれば、どうしたら髪が生えるかがわかります。

口から核酸を摂る。

イワシの缶詰やブロッコリーを積極的に食べる事。

たいていの人は、圧倒的に不足気味なのが現状。

食べ過ぎようと思ってもイワシ缶詰などは、そう多くは食べられない。

補助的に核酸サプリをとれば髪の毛が早く増える。

核酸含有量業界トップクラス【Mrs.WAKASUGI】


shampoo-man02_l.png
タグ:育毛原則

2016年04月24日

薄毛を本当に治したいと願う人へのアドバイス

薄毛を治す方法はいくつか知られていますよね。

本や雑誌でも見かけるでしょう。

その方法を知った時には、ぜひ「知識で終わらせずに実行」してみましょう。

私はそれが一番良かったと思うのです。

体質は人それぞれなので、全く同様の結果が出るとは限らないのですが、

他の人に良かった事例は自分にもよかったことが多いです。

漢方の育毛法

どくだみ、ごま、レシチンの同時摂取

コラーゲン育毛

そしてこのブログで紹介している核酸育毛。

核酸育毛は成功率が高いです。

食べ物を意識しておくことで髪の毛が増えていきます。


髪の毛は体の一部です。

体は食べ物で決まるのです。

髪の毛を増やしたいのなら、核酸です。

副作用がないどころか、健康にすごく良い。

そこがプロペシアなどとは全く違う。


ちなみにですが、

私は数年間プロペシアを飲みました。

でもやめた。

あまりにも副作用の害が大きい。

こんなのは飲まないほうがよいのです。


プロペシアの体験はここに書きました。

右矢印1 プロペシアの体験記事

IMGP1209.JPG
posted by 核酸 at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 核酸で育毛

2016年04月14日

核酸が髪の毛を増やすとわかった

薄毛対策には核酸が有効。

若返りの権威者が本で解説している。

こういう場合には、専門家の声を素直に実行するのがいいのです。

でも知識だけあっても身体には変化は起こらない。

人間の身体を変化させるには「運動」または「栄養」なのです。

とくに栄養が大事です。

本のタイトルにもあるのですが、

「あなたの身体は食べたものでできている」

と言うのは真実。

髪の毛を増やしたいのなら、それに見合ったものを食べないといけないわけです。


30代からのエイジングケアサプリメント【Mrs.WAKASUGI】




2015年07月18日

核酸育毛法の効果

ネットを見ていると育毛に努力しているのに、成果がちっとも出ない人を見かけます。

核酸を摂取することで、大きな改善がみられるはずなのにね。

遺伝子レベルでアンチエイジング【核酸サプリ】


たぶん実行していない。


核酸をとっていない。

「なぜ、核酸を摂らないのか?」

という質問に対する回答も予想はつきます。

「面倒な気分がするから」

だと思うのです。

人間はすごく面倒なことが嫌いなのです。


だから、食品で核酸を摂るのができない人が多い。


ならば、お金を出して核酸をサプリメントで摂ることを検討したらいいのです。



2015年04月22日

アンチエイングには核酸の宝庫イワシを食べる

女性の薄毛は、髪の毛が全体に薄くなる「びまん性脱毛症」が多いです。

このタイプの抜け毛原因として、

男性ホルモンの影響による脱毛

出産後のホルモン変化(この場合は一時的な薄毛)

単純な老化現象

甲状腺の病気など

ストレスによる抜け毛

ダイエット等による栄養不足

などが考えられます。

女性の場合は育毛シャンプーと育毛剤を選ぶことに成功すれば、髪の毛が復活、生えてくるのは男性に比べはるかに容易です。

男性の場合は強烈なハゲ遺伝子との長い戦いをつつける必要があるからです。

薄毛の男性ならば、育毛食品としてぜひ摂取したいのがイワシなのです。

薄毛対策に女性も食べれば、育毛剤だけの場合よりも数倍早く、髪の毛が豊かに生えてくることでしょう。

抜け毛予防と発毛のための食品いわしについてみてみましょう。。 

アメリカのアンチエイジングの見地から、抜け毛対策および発毛の食品を考えていきます。

男性の抜け毛の場合、発毛のためには、イワシの缶詰を食べて核酸を摂取せよ、というのが第一のポイントでした。

当然女性の薄毛にも効果が大きいのです。


若返りの特効食ですのでね。

知っていた方は、確実に、実行されているでしょうか?

イワシの缶詰が髪の毛を生やすのによいことを知っている人のうち、100人中10人は、継続してイワシを食べていることと思います。

残りの方は、実践せず、成果も現れていないことでしょう。

習慣になるまでは、けっこう難しいのです。

ダイエットや育毛、そして英会話などなど、良いとわかっていても、実行するのは容易でないことは、ありますよね。

でも、気づいた時から、再びスタートすればよいのです。

女性の薄毛対策では、とくに、そう言えます。

実行すれば女性の髪の毛は生え、実行しなければ生えないのです。

では、発毛食品のイワシに続き、その他の食品もみてみましょう。

女性の若返りに必要な食品。

1.いわし(缶詰が核酸が多い。生でも缶詰でもOK)

2.サケ(週に1回)

3.エビ、カニ、ハマグリ、カキ、イカを週に1回。

4.週に1回その他の魚をたべる。

5.週に1回牛のレバーを食べる。

まだ、ありますが、今日はこの辺で打ち切ります。

適当な項目数でないと、かえって、実行が難しくなるりますのでね。

この方法は、医学博士のベンジャミン・フランク先生の説です。

先生の著書「老化は食べ物が原因だった」ですが、西洋的な考えでまとめられた良書です。

一方の、東洋的な漢方育毛法でも、食事は非常に重要視しています。

食事によって体質改善ができれば、体の症状は変化させられるからです。

魚が重要という点では漢方療法も西洋の若返り法も、共通するのですね。

もちろん野菜も重要です。

ベンジャミン先生も、若返りの野菜も紹介しています。

私は、高橋由美子先生の「みるみる髪が生えてくる」を、頭髪関連書籍では最高のものだと思っていますが、このベンジャミン博士の本も、私自身が、実践して成果のでたものとして、貴女もよければ実践をしてみてはと思いますね。

育毛成果の再現性のあるノウハウなのです。

遺伝子レベルでアンチエイジング【核酸サプリ】






⇒ あなたの髪が生える核心部分

2015年04月18日

薄毛を治す核酸発毛術

育毛剤で髪の毛を生やそうとしても、なかなか成果が出ないのです。

私の育毛の先生ともいえる高橋由美子先生も著書の中で、

育毛剤を推薦することはなかったのですね。

高橋先生の方法は、

「口から取り入れる栄養により、健全な血液を作り、それを身体中に巡らせる」


ということなのです。

このことを理解した時に私の髪の毛は改善に向かったのです。

これは、いくら強調しても、強調しすぎることはない。

大事なことなのです。


そして、もう一人の私の育毛の先生となるのは、ベンジャミン・フランク博士。

フランク先生の主張は、

「ハゲや薄毛は髪の毛の老化です。細胞を若返らせるには核酸を摂ることイワシの缶詰を食べなさい」


ということなのです。

育毛と発毛の決め手は核酸だった

こういうことを情報として知っても、実行し続けられないから、薄毛の人も8割は薄毛が改善しないんだね。

Fotolia_16111796_XS.jpg


posted by 核酸 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 核酸発毛術

2015年04月14日

薄毛対策に核酸を口から取り入れる

なぜ、核酸が育毛に良いのに、飲まない人がいるのか?

アンチエイジングの権威者が「髪の毛を増加させたいなら核酸を摂りなさい」と言っている。

にもかかわらず、核酸を摂取しない人もいるんですね。

もったいない話です。

お金がないのか?

まさか、アンチエイジングの権威者であるフランク博士の言葉を信じられないのかねぇ。

松下幸之助さんが、「仕事で成功するのは素直な人」だといっています。

言いかえると、


育毛に成功するのも「素直な人」なのです。

フランク博士の言うように、核酸を摂って髪の毛を増やしましょう。

イワシの缶詰もいいし、サプリメントもいいのです。

遺伝子レベルでアンチエイジング【核酸サプリ】



heakea07.jpg

posted by 核酸 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 核酸で育毛